ガン細胞

植物性乳酸菌の優れている点

乳酸菌には「植物性乳酸菌」と「動物性乳酸菌」の二種類があります。
植物性乳酸菌は漬物や味噌などの日本の伝統的なメニューに多く、体内の多くの細菌と共存・共生が可能で、胃酸や胆汁にも強く生命力がある乳酸菌です。
植物性と名の付く通り植物に由来し、ブドウ糖や果糖などを養分として増殖、塩分にも強いことから、栄養状態の乱れた場所でも生息できる優れた菌として知られています。

・植物性乳酸菌の優れた点とは
動物性乳酸菌は単独でしか生存できませんが、植物性乳酸菌は複数の細菌が居ても問題なく共存でき、腸内環境の正常化に貢献します。
さらに植物性乳酸菌の中には酵母菌や納豆菌などの体に有益な菌が含まれており、乳酸菌を摂取する以外の健康効果も期待できるのです。
植物性乳酸菌は植物=野菜に多く含まれていますので、野菜を摂ることで乳酸菌と同時に食物繊維やミネラルなどの栄養素も同時に摂取できます。
動物性乳酸菌にはない、高い栄養価が期待できるというわけですね。

・動物性乳酸菌より効果が高い?
乳酸菌にもさまざまな種類があり、体内では菌ごとに役割を分担しているため、単純に植物性乳酸菌が優れているとは言い切ることができません。
しかし、植物性乳酸菌を摂取することは野菜の摂取や栄養バランスの取れた食事にもつながるため、脂肪分の多い食事だけに終始しない、ヘルシーな食生活に整えていくことができます。
もちろん、植物性乳酸菌が効果が高いからといって、すぐに効果を実感できるわけではありません。
しかし身近な食品にたくさん含まれているので、いつでも気軽に食事の中に取り入れることができるのです。

植物性乳酸菌は、日本人の食生活になくてはならない漬物や味噌、醤油などに豊富に含まれています。
日本に住んでいるかぎり、植物性乳酸菌を補給するのは難しくありません。
和食中心の食事か、和食メニューを数品取り入れて、バランスの良い食生活を心がけていきましょう。