ガン細胞

植物性乳酸菌の含まれる食品

乳酸菌には「植物性乳酸菌」と「動物性乳酸菌」の二種類があります。
そのうち、植物を原料にして発酵させたものを植物性乳酸菌と呼んでいます。
日本人の食生活にはなじみ深く、漬物・味噌・醤油・みりん・納豆・甘酒などの発酵食品に植物性乳酸菌が含まれています。
植物性乳酸菌という呼び方そのものはほとんど知られていなくても、実は私たちの身近なところにはたくさんの植物性乳酸菌食品が存在しているのです。

  • 植物性乳酸菌を含むさまざまな食品
  • 植物性乳酸菌はお米などに含まれるブドウ糖や果糖、ショ糖などをエサとして増殖するため、あらゆる食材や食品を発酵させることができます。
    日本食では調味料や漬物などに多いのですが、海外でもザワークラフト・ザーサイ・キムチhttp://bonnieclas.com/kimuti.htmlなどの食品に用いられており、暑い・寒いといった気候条件に関係なくどんな環境でも製造されています。
    植物性乳酸菌は動物性乳酸菌に比べて丈夫で、温度や塩分など過酷な状況にも耐えうるので、どんな食品にも適用できます。
    また、数百種類もの種類が存在していることからも、汎用性の高さがうかがえます。

  • 飲料にも使われている
  • 乳酸菌と聞くとヨーグルトをまず思い浮かべますが、最近では植物性乳酸菌を使用した乳酸菌飲料も登場しています。
    胃酸に強く、生きて腸に届く効果が期待できるため、薬ではなく自然に胃腸の調子を整えたい方や、腸内環境を改善したい方にも乳酸菌はおすすめです。

    植物性乳酸菌はチーズやヨーグルトに比べてあまり好まれない傾向にあると言われますが、日本人にとっては伝統的な食事の一部であり、乳酸菌飲料以上に食生活に溶け込んでいるものです。
    毎日のおかずや食事に一品追加するなら、野菜や豊富な栄養素が摂れて、さらに植物性乳酸菌を含んでいる漬物や納豆をチョイスしてみましょう。
    どうしても食事から植物性乳酸菌が摂取できない場合は、サプリメントや乳酸菌飲料を使っても良いですし、その場の状況に合わせて上手に食材や食品を組み合わせてみてください。
    また、いくら身体に良いからといえ乳酸菌の過剰摂取は悪影響になるので気を付けましょう。