ラクトフェリンと乳酸菌を一緒に摂るメリットは?|乳酸菌体験レポ&選び方ナビ

ラクトフェリンと乳酸菌を一緒に摂るメリットは?

最近注目されている「ラクトフェリン」という成分と、その効果が広く知られるようになってきた乳酸菌。
この2つは、一緒に摂ることでより大きなメリットを得られるのをご存知でしょうか?
今回は、ラクトフェリンと乳酸菌の相乗効果についてです。

ラクトフェリンとは?

「ラクトフェリン」は、ヒトの唾液、涙、血液といった分泌物や、牛乳に含まれるたんぱく質ですが、母乳(特に初乳)に最も多く含まれます。
細菌の増殖を抑制し、乳児の免疫力を高めて感染症から守るという重要な役割を果たしています。
もちろん、大人に対しても様々な効果があるとして、昨今は、サプリメントやヨーグルトなどに配合されるようになりました。

乳酸菌と一緒に摂ることで得られるメリット

ラクトフェリンの抗菌作用は、「ラクト(乳)」「フェリン(鉄)」という名の通り、鉄を結合するという特徴に由来します。
ラクトフェリンは、多くの細菌が生育の際に必要とする鉄と結合し、奪い取ることによって、細菌の生育を阻害するのです。

一方乳酸菌は、生育の際に他の細菌ほど鉄を必要としません。
そのため、ラクトフェリンが存在しても乳酸菌の生育を邪魔しないどころか、サポートしているとも考えられています。
ラクトフェリンと乳酸菌を一緒に摂ると、乳酸菌の数を増やし、より乳酸菌の効果を感じられる可能性が高いのです。

ラクトフェリンと乳酸菌の摂り方

熱に弱いという性質があるラクトフェリンは、高温で殺菌される牛乳などの製品から摂取することはできません。
ラクトフェリンと乳酸菌を同時に摂る場合、両方を配合しているサプリメントや、ヨーグルトからの摂取がおすすめです。
ちなみに、市販のラクトフェリンが含まれる製品は、牛乳から抽出したラクトフェリンが使用されています。

注意点

ラクトフェリンは、前述したように牛乳由来の成分です。
乳アレルギーをもつ人は、摂取の際に注意が必要です。

乳酸菌にラクトフェリンをプラスしよう!

ラクトフェリンがもたらす効果は、毎日ヨーグルトや乳酸菌のサプリメントを摂っている方には朗報です。
日頃摂っている乳酸菌の効果を高めたいのなら、ぜひラクトフェリンをプラスしてみませんか?
ラクトフェリンのもつ免疫力向上作用も取り入れて、病気知らずの身体を目指しましょう。

関連記事Related article