耐性乳酸菌とは|乳酸菌体験レポ&選び方ナビ

耐性乳酸菌とは

風邪などで病院にかかった時に、抗生物質を処方されたことがあるでしょう。
その時に、乳酸菌が入ったお薬も一緒に処方されることがあります。
そのお薬を、「耐性乳酸菌製剤」といいます。
聞き慣れない言葉ですが、耐性乳酸菌とはどのような乳酸菌なのでしょうか?

耐性乳酸菌とは?

耐性乳酸菌とは、一般的な食べ物やサプリメントなどに含まれる乳酸菌とは違い、医療目的で処方される乳酸菌です。
基本的に、耐性乳酸菌製剤は抗生物質が処方される際に一緒に処方されます。

抗生物質と乳酸菌

抗生物質は、細菌感染が原因とされている病気の治療として、殺菌の目的で処方される薬です。
実は微生物から作られていて、細菌の発育を阻害する成分が入っています。
そのため、悪い細菌と一緒に腸内に住む良い菌までをも殺してしまうことがあります。
そうなると、腸内細菌のバランスが乱れ、下痢や便秘などを引き起こす可能性が出てきます。

それを予防するために、耐性乳酸菌が処方されるのです。
耐性乳酸菌にはその名の通り、抗生物質によって殺菌されることのない強さがあり、抗生物質によって減らされた善玉菌を補って、おなかの調子を整えることができます。

耐性乳酸菌に副作用はあるの?

耐性乳酸菌製剤自体に、副作用はほとんど報告されていません。
ただし、食前など胃に食物が入っていない時に服用すると、効果が落ちることがあります。
胃液の影響をもろに受けるので、生きた菌が減ってしまうことがあるからです。

用法、容量などを正しく守り、医師の指示に従って服用することが大切です。

アレルギーの心配はある?

もしも牛乳に対してアレルギーを持っている場合は、医師にその旨を伝えましょう。
一部、脱脂粉乳を使用して作られた乳酸菌製剤の場合、アレルギー反応を起こす可能性があるためです。
しっかりと伝えれば、アレルギーを起こす心配のない違う種類のお薬を処方してもらえます。

耐性乳酸菌は、普段から服用できないの?

抗生物質にも負けない強い乳酸菌なら、普段から服用したい!と考える人も少なくないはずです。
ですが、これはあくまで抗生物質で崩れた細菌のバランスを整えるものです。
抗生物質を飲んでいないときなら、日頃から食べ物やサプリメントから摂取している普通の乳酸菌で良いのです。

それに、耐性乳酸菌は市販されていません。
医師の処方箋が必要ですし、自宅に余った乳酸菌製剤があっても、副作用がないからと言って自己判断で飲まないように気をつけましょう。

関連記事Related article