乳酸菌がおならの消臭に効く理由|乳酸菌体験レポ&選び方ナビ

乳酸菌がおならの消臭に効く理由

おならは、私たちが生きていくうえで仕方のない生理現象のひとつです。
しかし、最近臭いが気になる、という人は要注意です。
なぜなら、おならは腸内の健康のバロメーター。
腸内環境のバランスが崩れているサインかもしれません。
おならの消臭に効く乳酸菌を摂って、腸内環境を整えましょう。

乳酸菌はおならのにおいを軽減する

なぜ、乳酸菌がおならのにおいを軽減するのでしょうか?
その答えは、乳酸菌が悪玉菌を減らして、善玉菌の数を増やすということにあります。

乳酸菌には、善玉菌の代表であるビフィズス菌の増殖をサポートし、善玉菌と悪玉菌のバランスを整える作用があります。
おならのにおいの詳しいメカニズムは後ほど詳しく説明しますが、このバランスが整うと、腸内の腐敗や、腐敗臭を軽減してくれるのです。

おならが臭い原因は?

そもそも、おならの成分は、7割が食事中に飲み込んだ空気で、残りの3割は腸内で作られるガスでできているといわれています。
おならが臭いか臭くないかは、その3割を占めるガスの成分によって変わります。

臭いおならとは

肉やインスタントラーメン、スナック菓子など、たんぱく質や脂質が豊富な食事ばかりを摂っていると、腸内にウェルシュ菌や大腸菌などの悪玉菌が増殖します。
そして、これらの悪玉菌は、そうして得たたんぱく質を分解するのが大得意なのです。
その際に硫化水素やアンモニア、インドールといった有害なガスを大量に発生させてしまいます。

臭くないおなら

一方、ビフィズス菌などの善玉菌は、ご飯、パン、野菜などの炭水化物を分解するのが得意です。
分解する際に発生させるのは、水素やメタンガスといった無臭のガスです。
そのため、おならもにおいのしないものが多くなります。

お口の「おなら臭」にも乳酸菌

自分のおならのにおいが気にならないからといって、安心するのはまだ早いかもしれません。
なんと日本人には、お口のにおいが便やおならのにおいのような人が多いのです。

日本人は、欧米人に比べて慢性的なストレスを抱えた人や、便秘の人が多いといわれています。
ストレスや便秘は、腸の異常発酵を引き起こし、そこで発生した有害なガスが、お口から出てしまうことがあります。
その有毒なガスは、臭いおならの原因として前述したものと同じ成分です。
要するに、おならがお口から出てしまっていることと同じ、と言っても過言ではないのです。

お口の臭いは自分では気が付きにくいものです。
ですから、歯磨きやマウスウォッシュといった口臭ケアの一環として、日頃から腸内のケアも忘れないようにしましょう。

おならやお口の消臭には、食生活の改善と乳酸菌を!

肉や油などの多い食事ばかりを食べていては、悪玉菌の大好物で、おならや便のにおいが強くなってしまいます。
それだけでなく、悪玉菌が増えるような食生活は、身体全体の健康を害することにもつながります。

においの軽減と健康のためには、野菜など炭水化物が中心の食生活と、乳酸菌の摂取が大切です。

関連記事Related article