植物系の乳酸菌|乳酸菌体験レポ&選び方ナビ

植物系の乳酸菌

お菓子や飲み物などに配合されることが増え、話題となっている乳酸菌ですが、これには種類があることをご存知でしたか?

乳酸菌は、動物系と植物系の二種類に分類されています。
そのうち、今回は植物性乳酸菌に焦点を当てて、その特徴やはたらき、動物性乳酸菌との違いについて解説しましょう。

植物性乳酸菌とは?

動物性乳酸菌が動物由来の乳製品に含まれる乳酸菌であるのに対し、植物性乳酸菌は、野菜や穀物といった植物を発酵させる乳酸菌です。
漬物、キムチ、味噌、醤油などを作る際には欠かせず、私たちに馴染みのある幅広い食品に多く含まれています。

植物性乳酸菌の強さ

動物性乳酸菌と違い、植物には栄養素が少なく、また漬物や味噌などといった塩分濃度が高い過酷な環境で育ちます。
そのため、温度変化に強く、アルカリ性や酸性の強い状況下でも生き延びることができます。
約99%の動物性乳酸菌は、胃酸や胆汁などの影響で死滅すると言われているのに対し、植物性乳酸菌は、それらの影響を受けることなく腸内まで到達することが可能です。

そのため、動物性乳酸菌よりも豊富な種類の食品に含まれています。

植物性乳酸菌の役割

植物に含まれるブドウ糖、果糖、ショ糖などの糖類を消費して乳酸を作り出します。
これが、発酵と呼ばれる活動です。
また、他の菌と共存することができるため、身体によいはたらきをもつ納豆菌や酵母菌などと手を取り合いながら活動しています。

植物性乳酸菌の効果

植物性の発酵食品を食べると、乳酸菌が生きたまま腸まで届き、以下のような効果が期待できます。

腸内環境の改善

腸内の善玉菌をサポートして、腸内環境を整え、下痢や便秘などのトラブルを改善します。
腸内環境の改善は、日本人女性の死亡原因の第一位とされる、大腸がんの予防にも効果的です。

美肌

腸内の環境が悪いと、本来腸で排出できるはずの毒素が血液に乗って肌の表面に出てしまい、それが肌荒れの一因となっていると言われています。
そのため、腸内環境が整うと、肌荒れの予防につながることが分かっています。

免疫力向上

免疫力の向上は、風邪やインフルエンザといった病気の予防に役立ちます。
また、免疫の働きを正常化し、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を抑え、抗アレルギー作用を発揮します。

植物性乳酸菌で身体を内側から整えよう!

漬物や、調味料として和食に取り入れられ、古くから日本人とともにあった植物性乳酸菌。
和食離れによって食べられる機会が減ってきていますが、この乳酸菌には素晴らしいはたらきがあることをお分かりいただけましたか?
食生活の見直しとともに、体調管理の一環として植物性乳酸菌を摂る生活を心がけませんか。

関連記事Related article