NK細胞の乳酸菌効果とは?|乳酸菌体験レポ&選び方ナビ

NK細胞の乳酸菌効果とは?

日進月歩で研究が進み、乳酸菌のもつ効果は、今や整腸作用だけでないことは一般的にも知られつつあります。
その中でも注目すべきなのは、NK細胞を活性化させ、免疫力を高める効果です。

NK細胞とは?

私たちの身体に生まれつき備わる大切な免疫のひとつ、NK細胞。
NK(ナチュラルキラー)細胞は、ウイルスや細菌などの侵入者を真っ先に攻撃する、アタッカータイプの免疫細胞です。
また、がんに侵された細胞や、異常のある細胞を攻撃して増殖を防ぐはたらきもあり、NK細胞の活性を高めることは、感染症などの病気を予防することにつながります。

NK細胞を活性化させる乳酸菌

いくつかの乳酸菌は、このNK細胞の活性を高める作用をもっています。

R-1乳酸菌

マウスを使って、R-1乳酸菌入りのヨーグルトを与えたグループと、水を与えたグループを比較した実験が行われました。
その結果、前者のグループではNK細胞活性が高まり、後者のグループと比べ、インフルエンザ感染後の生存率と生存日数が向上することがわかりました。 この結果を受け、ヒトに対しての実験も行われています。
R-1乳酸菌入りの飲料を飲んだグループは、そうでないグループに比べ、インフルエンザワクチンの効果が増強されることが明らかになっています。

プラズマ乳酸菌

プラズマ乳酸菌は、大手飲料メーカー2社と医薬品メーカーにより共同開発された、新たな乳酸菌です。

一般的な乳酸菌がNK細胞のみにはたらきかけるのに対し、プラズマ乳酸菌は司令塔であるpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)にはたらきかけ、NK細胞だけでなく、キラーT細胞、B細胞、ヘルパーT細胞といった、免疫細胞全体を活性化させることができます。
これにより、風邪、インフルエンザ、ロタウイルスといった感染症の発症を抑える効果があります。
また、マウスを用いた実験では、アンチエイジング効果も報告されており、美容への活用も期待されています。

乳酸菌カゼイ・シロタ株

乳酸菌シロタ株には、インターロイキンというたんぱく質の産生を促進して、NK細胞を刺激し、免疫力を高める作用があります。
喫煙をする人はNK細胞の活性が低下しやすいといわれていますが、シロタ株の摂取によって、6割以上の喫煙者に活性の回復が見られました。
また、高齢者を被験者とした実験では、NK細胞の活性が低い人には回復を促し、高い人にはそれを維持する効果があることがわかりました。

乳酸菌のもつ免疫活性効果で、免疫力アップを図ろう!

私たちの身体に備わる免疫力は、加齢やストレスなどによって低下することがあります。
風邪やインフルエンザにかかりやすいという人は、免疫力が低下しているのかもしれません。
防衛戦の最前線ではたらくNK細胞を活性化し、ウイルスや病気に強い身体を目指しましょう!

関連記事Related article