乳酸菌のカンジダ菌に対する意外な効果とは?|乳酸菌体験レポ&選び方ナビ

乳酸菌のカンジダ菌に対する意外な効果とは?

カンジダは、一度発症してしまうと繰り返すことも多い病気です。
とくに女性特有の膣カンジダ症は、不快な症状も多く悩んでいる女性は多いといいます。
今回は、乳酸菌がもたらすカンジダ菌への意外な効果についてのお話です。

カンジダ菌は常在菌

本来カンジダ菌は、普段から人間の膣や腸、口などに住み着いている常在菌です。
免疫力が正常にはたらいている時は影響を受けることはありませんが、疲れがたまっている時、風邪を引いた時など、免疫力が低下している時に発症しやすくなります。

乳酸菌もまた常在菌

乳酸菌もまた、普段から人の膣や腸に住み着いている常在菌です。
そのうち、「デーデルライン桿菌」と呼ばれる種類の乳酸菌は、常に膣内を酸性に保つことで、カンジダ菌が活発に活動できないようはたらいています。
これが、膣内の自浄作用を作っている重要な菌なのです。

乳酸菌でカンジダを撃退!

カンジダの予防のためには、このデーデルライン桿菌が優位な状況を作ることが大切です。
先ほどの説明のとおり、デーデルライン桿菌は乳酸菌ですから、乳酸菌を補うことで症状が改善する可能性があると考えられています。

乳酸菌を使ったカンジダ予防法

乳酸菌はヨーグルトなどの発酵食品に含まれる身近な菌ですが、それらの食品を食べるだけでは膣カンジダ症の予防には繋がりにくいでしょう。
そこで、乳酸菌を使った2種類の予防法をご紹介します。

乳酸菌配合のサプリメントを利用する

持ち運びができて気軽に飲むことのできるサプリメントが人気です。
カンジダ予防の他にも、便秘や美肌、アレルギー体質改善などたくさんの効果が期待できます。

ヨーグルトを塗布する方法

「ヨーグルト療法」という民間療法があります。
手と患部を清潔にし、小さじ1杯ほどのヨーグルトを直接塗り込むという方法です。
無糖で、生きた乳酸菌(ラクトフェリンやアシドフィルス菌)が配合されているものがおすすめです。

この方法は、症状が落ち着いている時や完治した後に、あくまで再発を防ぐ方法として知られています。
発症した際に治す方法ではないということをご理解の上、不安な方は医師への相談をおすすめします。

乳酸菌で予防と抵抗力アップ!

乳酸菌は、私たちの身体の中で常に悪い菌と戦っていますから、疲れを日頃からためないよう、免疫力の低下に気をつけることが大切です。
また、乳酸菌には免疫力をアップさせてくれる効果もあります。
積極的に摂取して、いつも乳酸菌に守られる身体を作りましょう。

関連記事Related article