乳酸菌ガセリ菌の特徴|乳酸菌体験レポ&選び方ナビ

乳酸菌ガセリ菌の特徴

善玉菌の一種として、私たちの体内にも多く存在するガセリ菌は、数ある乳酸菌の代表的な存在です。
ここでは、ガセリ菌にはどのような特徴があるのかを解説します。

ガセリ菌とは?

正式名称をラクトバチルス・ガセリ(Lactobacillus Gasseri)といいます。
日本人の腸内に多く存在して、悪玉菌を抑制する善玉菌のリーダー格です。
ヨーグルトや乳酸菌飲料、サプリメントなどに配合されて販売されています。

ガセリ菌の特徴は?

酸素がなくても活動することができる「通性嫌気性菌」という特徴があります。

特筆すべきはその定着性です。
通常、乳酸菌がとどまる期間は長くても一週間程度といわれています。
それに対しガセリ菌は、摂取してから90日経過しても、便から生きた菌を検出することができました。
ガセリ菌は、より長い間腸内に定着し、はたらくことができるのです。

ガセリ菌の効果は?

ガセリ菌は、私たちにたくさんの効果をもたらしてくれます。

腸内環境を改善

ガセリ菌を摂取している間、腸内にすむスタフィロコッカス属(ブドウ球菌)の数を減らし、悪玉菌がつくり出す腐敗物質の濃度を減少させ、便のにおいや色を健康的なものにします。
簡単に言うと、腸内の悪玉菌を抑制して、善玉菌を増殖させることができるということです。

免疫力をアップ

マウスを使った実験によると、ガセリ菌を経口投与したマウスと、そうでないマウスをインフルエンザウイスルに感染させたところ、その後の経過に違いが見られました。
ガセリ菌を投与されたマウスは、免疫機能が高まり、ウイルスによる炎症が軽減されたことによって致死率が低下したということです。

コレステロール値の低下

血中コレステロール値が高めの人が、11週間ガセリ菌入りヨーグルトを摂取したところ、10mgほどコレステロール値を下げる事に成功しました。
コレステロール値を低下させることは、動脈硬化や心筋梗塞の予防につながります。

ダイエット効果

肥満の傾向にある男女が、12週間ガセリ菌配合のヨーグルトを摂取したところ、ウエスト、体重、皮下脂肪、内臓脂肪の数値がそれぞれ低下しました。
とくに、内臓脂肪は平均5.2%も減少したのです。
このことから、ガセリ菌にはダイエット効果やメタボリックシンドロームの解消効果があることがわかります。

美容にも健康にも、ガセリ菌を役立てよう!

腸内環境を改善し、肌荒れを防いで腸からキレイにすることは、美しくなることへの近道です。
また、ガセリ菌のもつダイエット効果は美容だけでなく、生活習慣病を予防するなど健康にも役立ちます。
私たち日本人ととても相性の良いガセリ菌を、毎日の生活にうまく取り入れましょう。

関連記事Related article