口内にも乳酸菌|乳酸菌体験レポ&選び方ナビ

口内にも乳酸菌

乳酸菌が作用する箇所といえば、腸をイメージされる方がほとんどでしょう。
しかし、乳酸菌は腸だけでなく、健康的なお口のためにも欠かせない存在だということをご存知でしたか?

口内環境

口内には700種類以上もの細菌が存在し、日々腸内と同じように、善玉菌と悪玉菌の攻防が繰り広げられています。
健康的なお口のためには、口内フローラと呼ばれる、口腔細菌叢のバランスが保たれている状態が理想です。

悪玉菌

悪玉菌が優勢な状態では、口臭や、お口のネバつきが気になったり、虫歯や歯周病にかかりやすくなってしまいます。

口内の悪玉菌の代表格として知られるのが、

・歯周病の原因となるジンジバリス菌
・虫歯の原因となるミュータンス菌

などの菌です。

善玉菌を助ける乳酸菌のはたらき

健康的なお口を保つためには、悪玉菌の数を減らす善玉菌のはたらきが重要です。
そこで、善玉菌を作用させやすくする環境をつくるのが、乳酸菌です。

乳酸菌がつくりだす乳酸は、口内を酸性に保ち、悪玉菌が活動しにくい環境をつくることで、間接的に善玉菌の数を増やすことにつながります。
口臭や歯周病の改善、予防に効果的です。

特に、LS1と呼ばれる乳酸菌を、ジンジバリス菌と同じシャーレに培養したところ、24時間ほどでジンジバリス菌がほとんど死滅したという結果も報告されています。

口腔ケアとしての乳酸菌の取り入れ方

乳酸菌がお口の健康にとっても良いことがわかったら、早速取り入れてみましょう!

以前、ある口腔ケアがテレビ番組に取り上げられ、話題となりました。
通常の歯磨きの後に、無糖ヨーグルトをつけて仕上げ磨きをするといった方法で、口内の悪玉菌の殺菌に効果があるとされています。

その他にも、乳酸菌配合の歯磨き粉や、就寝前に舐めるタブレットタイプの乳酸菌サプリメントなど、さまざまな口腔ケア用品も販売されています。

いつまでも健康的なお口であるために

歯周病のリスクは、年齢とともに上昇します。
定期的な歯科検診と、乳酸菌をうまく取り入れた口腔ケアで、いつまでも健康的なお口を目指しましょう。

関連記事Related article