何から摂る?乳酸菌|乳酸菌体験レポ&選び方ナビ

何から摂る?乳酸菌

乳酸菌を含む食材はたくさんありますが、乳酸菌は、何から摂ればいいのでしょうか?
また、それぞれの食材から摂った時、どのような良さがあるのでしょうか?

身近な日本の食材から摂る

私たちの身近にある食材からも、乳酸菌を摂ることができます。
漬物、味噌、醤油はもちろん、日本酒や甘酒にも乳酸菌は豊富です。

日本の食材から摂れる乳酸菌は、植物性乳酸菌です。
植物性乳酸菌は温度の急激な変化にも耐え、塩分の多い環境でも育つことのできる強い乳酸菌です。
胃酸や胆汁などの消化液でも死滅することなく、腸まで届くことができると考えられています。

植物性乳酸菌は古くから食べられてきたものばかりなので、日本人の体質に合っているといわれています。
ただし、漬物、味噌、醤油は、摂りすぎると塩分が気になりますし、日本酒もお酒ですから、飲み過ぎに注意する必要があります。
甘酒には、善玉菌のエサとなるオリゴ糖が入っていて、アルコール度数が低いか0の商品もありますので安心です。
その場合、乳酸菌の死滅を防ぐために、できるだけ温め過ぎに注意して飲むようにしましょう。

海外の食材から摂る

海外の食品で代表的なものには、チーズ、ヨーグルト、キムチ、ザワークラウトがあります。
キムチとザワークラウトは植物性乳酸菌ですが、チーズやヨーグルトは動物性乳酸菌です。

動物性乳酸菌は、植物性のものに比べて生命力が低く、限られた環境でしか生きられないなどの特徴があります。
しかし、死滅した後の乳酸菌にも重要な役割があるのです。
それは、善玉菌のエサとなること。
そうすることで、善玉菌のはたらきをサポートし、腸内環境の改善に役立てることができます。

サプリメントから摂る

忙しくて毎日自炊をすることができない人や、外出先などで手軽に乳酸菌を取りたい人におすすめなのが、サプリメントです。
一回分で数億~数兆個もの乳酸菌が摂れる商品がたくさんあり、種類も豊富です。
サプリメントは、植物性乳酸菌が配合されることが多い傾向にあります。
できれば、通常の食生活でも乳酸菌を摂ることを心がけ、サプリメントをプラスするのが理想です。

お菓子や飲み物から摂る

最近は、乳酸菌を配合したチョコレートなどのお菓子や、乳酸菌飲料が多く販売されています。
おやつの時間に気軽に摂ることができますし、乳酸菌を摂らせたいけれど好き嫌いが多いという子供にも喜ばれるでしょう。

たくさんの食材から種類豊富な乳酸菌を摂ろう!

一つの食材やサプリメントばかりを取り続けるのではなく、動物性、植物性に限らず、色々な食材から種類豊富な乳酸菌を毎日摂りましょう。
体質や相性を見極めながら、自分に合った乳酸菌の種類が見つかるといいですね。

関連記事Related article